Life is short.

すごく気まぐれに書き綴ります。ギター / DTM / Apple / カメラ について綴るブログ

ミラーレス一眼(SONYα6500)を買ったので紹介します。

ついに一眼デビューです。

SONYのα6500を買いました。

私自身一眼を購入するのが初めてかつ初心者なので、その観点で色々紹介してみます。

メニューは以下のとおりです。

 

<目次>

では、行ってみましょう!

 

外観

外観について、さらっと。

ボディの重さや大きさは家電量販店で確認するのが一番いいです。

ここでは今回購入したレンズ「SEL24F18Z」とボディケース「LCS-EBG」を装着した状態での写真を何枚か載せておきます。

f:id:rnshy:20171015160004j:plain

f:id:rnshy:20171015160015j:plain

f:id:rnshy:20171015160044j:plain

 

本体選び:一眼レフ or ミラーレス編

最初は一眼レフを買おうとしてました。

ただ、下記理由でミラーレスを選択しました。

 

大きい・重くて持ち出すのが億劫になるのは嫌だ

これ、かなり重要です。

一眼レフを買ってリタイアする人の理由の第一位ではないでしょうか。

ただ、正直なところミラーレスも一眼レフもレンズに依る部分が大きいんですよね。

だから、正直どっちでも良かった。

まぁ少しでも軽めの方がいいかなぁということで、ミラーレスにわずかに軍配。

決定打というわけではありません。

 

OVFよりEVFの方が自分に合っている

OVFっていうのは一眼レフならではの要素ですね。

ファインダーにはレンズを通した光が直接届く状態です。

 

対して EVFというのは、ミラーレス一眼の特徴。(EVFがないものもあります。)

ファインダーから見えるのは、背面の液晶画面に映ったものと同等で、カメラ内部でデジタル処理(AD変換)された映像です。

EVFのメリットは何かというと、例えば露出を変えたりホワイトバランスを変えたりするとその結果が反映される点ですね。

なので、シャッターを切る前に、撮影したらこういう絵が撮れますよっていうのが事前にわかる。

あと、太陽を直接見ても平気。つまり逆光でもへっちゃら。

 

対してOVFは露出やホワイトバランスを変えてもファインダから見える絵はかわりません。撮影した後に結果がわかります。これはこれで良さがあるんでしょうけど、私には難易度が高すぎると思ったのでミラーレスに軍配。

 

レンズ沼が浅いのは「ミラーレス」

デメリットでもあるのですが、レンズの種類が一眼レフと比べて少ないのがミラーレスです。

まぁでもそういう縛りがある状態でもいいんじゃない?って思いました。

レンズを買って解決(お金で解決(語弊))するのではなく、限られたリソースでなるべく良い作品を撮ろうとした方が、初心者のうちは上達していいんじゃないかなって思いました。

ということで、私はミラーレスを選択しました。

 

本体選び(メーカー編)

これも相当迷いました。

候補は3つ。

SONYFUJIFILMOLYMPUSの3社。

 

FUJIFILM

フィルムシミュレーションっていうのがすごくいい感じで、jpg撮って出しの絵が素晴らしい。これは以前フジのコンデジを使うことがあってその時も体験したことがあったので、かなり惹かれました。

でもボディ内手ぶれ補正が搭載された機種がない。

その割に、手ぶれ補正対応のレンズがあまり多くない。

ということで、見送り。

 

OLYMPUS

ボディ内手ぶれ補正がめっちゃ強い。

でもAPS-Cセンサの機種がない。

APS-Cサイズの機種が欲しかったので、候補から外れる。

 

SONY

α6500ならボディ内手ぶれ補正ついてるし、APS-Cセンサなので、上記2社のデメリットが無い!

ということで選びました。まさかの消去法。

 

レンズ選び

α6500にはキットレンズが付属しません。

なので、購入時に自分で選んで買う必要があります。

迷ったポイントは複数あります。

単焦点」か「標準ズーム」か

最初のレンズということで、なるべく汎用的に使えるレンズが欲しいというのが一般的な考えですよね。なので、色んな画角で撮れる標準ズームが最初の候補でした。

しかし、せっかく一眼レフを買うのであれば、なるべく高画質に撮りたい。ということで、汎用性はやや犠牲にして画質に重点を置き、単焦点レンズを買おうと決めました。

 

単焦点レンズを選択。焦点距離(画角)どうしよう。

単焦点レンズの特徴というと一眼レフらしいボケが出せることなので、なるべくF値が小さいものが好まれます。なのでF値が小さいやつ、、小さいやつ、、と選び勝ちですが、最初の1本のレンズの選び方としては個人的にF値よりも重要なのは焦点距離(画角)だと思ってます。(F値がどうでもいいわけではない。)

これは優先順位の問題で、まずは好みの画角を決めて、そのラインナップからなるべく画質が良いもの(その一要素としてF値)を選んで行く、という順番で選んだ方が失敗しないのではないかなと思います。

そこで購入したレンズが「SEL24F18Z」。

 

購入したレンズ:SEL24F18Z

 

 

今回私が購入したのはEマウントレンズの単焦点で一番評判の良かった「SEL24F18Z」です。

SEL24F18Z | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA

スペックは以下の通り(上記サイトから転記)

35mm判換算焦点距離:36mm
レンズ構成:7群8枚
最短撮影距離:0.16m
最大撮影倍率:0.25倍
フィルター径:φ49mm
大きさ:最大径φ63mm、全長65.5mm
質量:約225g

迷いに迷って、結果的にかなり高級なのを買いました。

まず画角は人の目の視野に近いとされる標準域をチョイス。

これは一般的には50mm相当と言われていますが、ネットで50mmは案外狭いという見解が割と目についたので回避。もう少し広めが良いと思い、35mm換算で36mmのレンズを選びました。

あとはカールツァイスという強そうなブランド(語彙力)に惹かれて。

フードを付けて、こんな感じ。

だいたい、iPhone6sくらいの長さになりました。

f:id:rnshy:20171015160730j:plain

f:id:rnshy:20171015160627j:plain

 

単焦点レンズというと所謂パンケーキレンズと呼ばれる薄くて軽そうなレンズを想像していたのですが、なかなかゴツくなってしまいました。

F値が小さいと光を多く集める必要があるためレンズ本体は大きくなるんですね。

レンズ本体がそんなに重い部類ではなさそうなので、まあいいかなという感じです。

アクセサリ類について

一眼レフ初心者なので、一緒に何を買えばいいんだろうかわかりません。

メンテナンスグッズって何がある?そもそも必要?

ケースって買うものなの?

本体だけでなくレンズを保護する何かも必要?

等々。

今回私が買ったものを一つずつ見て行きましょう。

 

本体の保護その1:ボディーケース

 

ボディ本体を傷つけたくないという理由と、グリップが良くなるという理由で購入しました。

SONY純正です。

このケースつけた状態でもバッテリーやSDカードの交換ができるし、各種インターフェイス接続も可能なので、一度つけたらそれっきりにできるのも良いです。

f:id:rnshy:20171015160211j:plain

↑見辛いですが、バッテリー&SDカードの開閉部です。

交換時はケースの蓋を開けて、本体の蓋をあけるっていう手順になります。

 

f:id:rnshy:20171015160304j:plain

HDMIやUSB等の各種接続部

こちらも同様で、二重構造になります。

ケースをつけたままで問題ありません。

 

本体の保護その2:液晶保護フィルム

 

SONY純正です。

液晶部がタッチパネル対応なので、指紋を拭き取る時とか液晶部を擦ることが多いですし、万が一傷ついたら嫌なので買いました。

 

本体の保護その3:ケース

 

Kenko 一眼カメラケース カメラプロテクターMAMORU L ブラック 364079
 

サードパーティ製のこれを購入しました。

ボディ部はこれでジャストフィットします。

レンズのでっぱりですが、SEL24F18Zをつけた状態、かつレンズフードを逆さにしてない状態でジャストサイズです。

もちろん普段はレンズフードは逆さにして持ち運ぶので、少し大きすぎましたね。。

もう一つ小さいのでも良かったかもしれないです。

 

レンズの保護:レンズフィルタ

 

ソニー SONY MCプロテクター 49mm VF-49MPAM

ソニー SONY MCプロテクター 49mm VF-49MPAM

 

SONYの純正を買いました。

レンズを傷つけないことが目的です。

SEL24F18Zは49mmのサイズでOKです。

 

メンテナンスグッズ:レンズペン

 

 

レンズ(フィルター)が汚れた時に使います。

メガネ拭きのような柔らかい布でもいいのかもしれません。

一応専用のクリーナを購入しました。

レンズ用とフィルタ用がありますが、クリーニング部(ペン先)に使っている素材は同じで、単純にR(丸み)があるかないかの違いです。

私は基本的に上記のフィルタをつけているので、フィルタ用を買いました。

 

バッテリー

 

ミラーレス一眼はバッテリーの持ちが一眼レフより劣ります。

ヘビーに使うと1日持たないので予備バッテリーを購入しました。

純正は高いのでサードパーティ製を購入。

CANONなんかだと純正以外のものを使うとカメラ側で弾かれて使えないのですが、 これは大丈夫でした。

バッテリーの持ちも純正と比べて遜色ありません。

(厳密に測定したわけではなく、あくまで体感です。)

 

備考:その他付属品について(=買わなくていいもの)

本体付属品は公式ページを見ていただいた方が早いですが、

ストラップは付属しているのでこだわりがなければ買う必要はないかと思います。

あと、レンズフードとかレンズカバーはレンズに付属しています。

作例

拙いですが、α6500とSEL24F18Zの組み合わせで撮影した写真を

500pxにアップしてありますのでリンクしておきます。

ema by Y500px.com

Hiroshima Castle by Y500px.com

The floating torii gate at Itsukushima Shrine by Y500px.com

 

 

 

iPad with iOS11がなかなか良い感じ

個人的にいいなぁと思った点を絞って書き出してみる。

 

Dock

macOSライクなdockが導入されました。

以前よりも多くのアプリを登録可能になり、画面下からフリックするとdockが現れるので、よく使うアプリに簡単に切り替えが可能になりました。

また、dockからアプリを画面上にドラッグするとOver View/Split Viewでマルチタスク状態にできるのも非常に直感的で良いです。

Split Viewは左右に画面分割されてマルチタスク状態になるモードで、iOS11以前でも利用可能だったものです。

Over Viewは起動中のアプリの上にウインドウ形式でアプリが開かれるやつですね。

あと、直近利用したアプリがdock上に3つほど表示されるのもすごく良い。

 

キーボードでのフリック入力

いわゆる、QWERTY配列キーボードでフリック入力ができるようになりました。

これによって数字や記号がキーボードの切り替えなしで入力できるようになったので、パスワードやメールアドレスの入力が捗ります。

 

以上。。

全ての機能を賢く使いきってない感ある。

マルチタスキングに力を入れたバージョンアップだと思うのですが、普段そんなにマルチタスクしたいなぁと思うことがない。youtube見ながらtwitter見たり、safari見ながらtwitterみたり笑

自分の場合そんな程度なので、思ったより感動はなかったです笑

イヤホン新調 Fender FXA6

BOSS MS-3を買ったりiPad Pro10.5(2017)買ったりで金欠なのに、

普段使っているイヤホンが断線してしまったので、新しいのを購入しました。

ちなみに以前使っていたものはSHURE SE215speです。

 

買ったのは、FenderのFXA6というイヤホン

f:id:rnshy:20170706222100j:image

 

色は赤と黒があり、黒を選択。

余談ですが、Fenderのこのシリーズのイヤホンはグレード毎に色分けされてて、

安い順に

FXA2:ブルー

FXA5:シルバー

FXA6:レッド

FXA7:ゴールド

ってなってるんですが、どのシリーズも共通カラーでブラックがあります。

 

サウンドハウスにて、視聴せずに購入(笑)

 

スペック

FENDER FXA6-BLACK (FXA6BK)

■タイプ:カナル型イヤホン
■ドライバー構成:ハイブリッド(ダイナミック×1基、バランスド・アーマチュア×1基)
■再生周波数帯域:6~22,000Hz
インピーダンス:16Ω
■感度(1kHz):109dB
■ノイズ減衰量:最大22dB
■ケーブル長:約1.3m(着脱可、MMCXコネクター)

サウンドハウスより転載)

 

 

 

外観

 

f:id:rnshy:20170706222034j:plain

所謂、SHURE掛けで装着するタイプです。

本体の形状は3Dプリンタを利用して、いろんな人の耳の形に合うように

綿密に計算されて作られているらしい。 

付属のイヤーチップはクラゲみたいな形状したよくあるやつ(名前わからん)です。

 

f:id:rnshy:20170706222113j:image 

ケースがクールです。

付属のセミハードケースはファスナーの持ち手がピックの形状になってます。

 

装着感

付属のイヤーチップでの装着だとあんまりしっくりきませんでした。

そこで試しに、SHUREのSE215speで使っていた低反発素材のイヤーチップに交換したところ、最高のつけ心地になりました。

f:id:rnshy:20170708174009j:image

SHUREのイヤーチップの差込み穴の直径より、このFenderのイヤホンのイヤーチップ取り付け部分の直径の方が大きいです。

が、イヤーチップが多少伸縮するのでねじ込めば普通に装着できます。

 

SHURE ソフト・フォーム・イヤーパッド(Mサイズ/5ペア)  EABKF1-10M 【国内正規品】

SHURE ソフト・フォーム・イヤーパッド(Mサイズ/5ペア) EABKF1-10M 【国内正規品】

 

 

音質

低音、中低音がとても豊かで、バスドラやベース、ギターのパワーコードがとてもよく聞こえます。

BAが苦手としている低域をダイナミック型のドライバでちゃんと補えてます。

中音域も埋もれず前に出てます。

相対的に高音域は控えめな感じがしますが、

今まで使っていたSE215がドンシャリ傾向だったので、私の脳内でそれと比較してしまってやや物足りなさを感じている感があります。

客観的には高音も綺麗に出ていると思います。

 

悪いところ

ケーブルが細くて貧弱なイメージ。

SHUREのSE215のケーブルが太いので、特にそう思ってしまう。

すぐに断線するんじゃないかなって思ってます。

でもリケーブルが可能なので断線したら替えればいいやと楽観してます。

ちなみに、断線したSE215speをなぜリケーブルせずに新調したかというと、SE215の本体の値段に対するリケーブル代の割合を考えると、リケーブルするなら新しいの買った方がいいなと思った次第。

総評

とても良い。

ただ、イヤホンは値段が上がるにつれてコスパが悪くなるなと思いました。

SE215speと比べて、その差額(4万円くらい)分の音質差があるかというと、微妙です。

確実に良いんですけどね。

あとは価値観の問題。

BOSS MS-3導入

話題のBOSSの新型スイッチャー兼マルチエフェクターです。

f:id:rnshy:20170610125402j:plain

 

後日、ボード組んで使った感想をアップします。

 

 

iPad Pro 10.5 (2017)を買いました。

発売日の翌日に手に入れました。

今まで使っていたiPad mini3からの買い替えです。

overdrive.hatenablog.com

 

iPad mini3ではWi-Fiモデルを買いましたが、

今回はセルラーモデルの256GBを購入。

 

f:id:rnshy:20170614204941j:plain

 

本体と、純正のSmart Cover、保護フィルムを購入。

f:id:rnshy:20170614223413j:plain

写真があんまりよくないですが、色はゴールドです。

Smart Coverしか買っていないので背面はむき出しです。

でもすごく軽い。

使ってみた感想

iPad mini3が4年?くらい前のものなので、それと比較した感想になります。

  • ハードウェアスペックがiMacやMBPのエントリー機に及ぶとのことで、各種動作が快適。
  • 120Hzのリフレッシュレートのモニタのおかげで、画面スクロール時の動きが滑らかになり、体感速度が向上。
  • Apple Pencilが快適すぎる。
  • iPad mini3からの買い替えなのに、軽く感じる。
  • カメラ性能がiPhone7並に向上している。使わないけど。
  • 4つのスピーカーが付いているが、それぞれ音域が異なる※
  • iOS11が待ち遠しい。

とにかく、動きがサクサクで本当に素晴らしい。

iPad mini3の時ではアプリ切り替え時に引っ掛かりがあったり、アプリの起動が遅かったりしましたが、そういうストレスは皆無です。

また、ちょっとした驚きだったのですが、iPad Proについている4つのスピーカーですが、2種類の音域のスピーカーが内蔵されているっぽいです。

ホームボタン左側の画面横向きの状態で説明すると、上部左右2つが高音寄り、下部左右2つが中低音よりの音がでていました。

iPad Proも同じ仕様なのかな。びっくり。

ケースについて

iPad Pro 10.5の純正ケース(本体装着タイプ)は現時点では存在しません。

Apple Pencilも格納できる純正のスリーブケースがありますが、お値段が2万弱。。

ちょっと高すぎるので、私は下記を使用しています。

9~10インチのものを買いましたが、iPad Pro 10.5にぴったりです。

Smart Coverつけたままでも入ります。

安い割には手触りもなかなかよくてしっかりしてるのでオススメです。

 

iPad Pro 10.5はどんな人にオススメか

既存のiPadの完成度が高いので、無理に買い替える必要はないと思いますが、

欲しいと思ったら、買いだと思います。

ちなみに、僕の場合はiPad mini3のスペックの悪さ&画面に黒線が入って壊れ気味だったのが買い替えの理由です。

 

また、iPad Proの"第二世代"ということで、きっとロングセラーの名器になるんじゃないかと思っています。(iPad2、iPad mini2が名器とされているように、iPadシリーズは第二世代が当たりの確率が高い。)

 

iOS11が秋にリリースされるので、OS11がリリースされてから購入を検討するのもありかもしれません。

Canon G7X MarkII 撮影写真 Part3

五十里ダム

f:id:rnshy:20160902142302j:plain
8.8mm

ƒ/4

1/800s

ISO 125

普通にカメラ内のJpeg書き出し

遠くの景色なのでF値は開放から2段くらい?絞ってます。

 

さいたまスーパーアリーナ

f:id:rnshy:20170506105122j:plain

8.8mm

ƒ/2.8

1/2000s

ISO 400

RAW現像し、その際にモノクロにしました。

もう少し絞った方が良かったかも。

 

つつじ(旧古河庭園

f:id:rnshy:20170504143705j:plain

8.8mm

ƒ/1.8

1/320s

ISO 125

花を撮るときのマクロはなかなかシビアですね。

カメラの性能というより、技術的に。

被写体が風で揺れるので。。

 

カメラの性能的には、特にテレ端時の最短撮影距離がネック。

具体的な数値は忘れましたが、テレ端時はあまり寄れないです。

Canon G7X Mark2 純正ケースの悪いところ

以前紹介したCanonの純正ケースですが、

下記のような使いづらさがあるのでついにやめました。

 

・バッテリー・SDカードの交換ができない

・本体右側についているWi-Fiボタンが押せない

 

ちなみにここで言っている純正ケースというのはコレ↓

 

特に2個目のデメリット、Wi-Fiボタンが押せないって本当に純正か?と疑ってしまうレベル。

 

 

なので最近これに変えました。

 

サイズはMサイズとLサイズがあり、僕が買ったのはLサイズです。

G7Xを入れるならLサイズになります。

サイズ感は若干緩めではあるんですが、ゆるすぎることもなく、ケースの中で本体が全くホールドされないということもないので問題なさそうです。

内側に小さなポケットがついていて、そこに予備バッテリーを入れられます。

入れても普通に蓋は閉まりますし、適度な余裕があります。

しばらくはこれを使っていこうと思います。

一つ、個人的に気にくわないのが蓋がマジックテープな点。

マジックテープって丈夫なんだけど、ベリベリって音が気になるんですよね・・・

そこさえ我慢できればアリかなと思います。