読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is short.

すごく気まぐれに書き綴ります。ギター / DTM / Apple / カメラ について綴るブログ

Canon G7X MarkII 撮影写真 Part3

五十里ダム

f:id:rnshy:20160902142302j:plain
8.8mm

ƒ/4

1/800s

ISO 125

普通にカメラ内のJpeg書き出し

遠くの景色なのでF値は開放から2段くらい?絞ってます。

 

さいたまスーパーアリーナ

f:id:rnshy:20170506105122j:plain

8.8mm

ƒ/2.8

1/2000s

ISO 400

RAW現像し、その際にモノクロにしました。

もう少し絞った方が良かったかも。

 

つつじ(旧古河庭園

f:id:rnshy:20170504143705j:plain

8.8mm

ƒ/1.8

1/320s

ISO 125

花を撮るときのマクロはなかなかシビアですね。

カメラの性能というより、技術的に。

被写体が風で揺れるので。。

 

カメラの性能的には、特にテレ端時の最短撮影距離がネック。

具体的な数値は忘れましたが、テレ端時はあまり寄れないです。

Canon G7X Mark2 純正ケースの悪いところ

以前紹介したCanonの純正ケースですが、

下記のような使いづらさがあるのでついにやめました。

 

・バッテリー・SDカードの交換ができない

・本体右側についているWi-Fiボタンが押せない

 

ちなみにここで言っている純正ケースというのはコレ↓

 

特に2個目のデメリット、Wi-Fiボタンが押せないって本当に純正か?と疑ってしまうレベル。

 

 

なので最近これに変えました。

 

サイズはMサイズとLサイズがあり、僕が買ったのはLサイズです。

G7Xを入れるならLサイズになります。

サイズ感は若干緩めではあるんですが、ゆるすぎることもなく、ケースの中で本体が全くホールドされないということもないので問題なさそうです。

内側に小さなポケットがついていて、そこに予備バッテリーを入れられます。

入れても普通に蓋は閉まりますし、適度な余裕があります。

しばらくはこれを使っていこうと思います。

一つ、個人的に気にくわないのが蓋がマジックテープな点。

マジックテープって丈夫なんだけど、ベリベリって音が気になるんですよね・・・

そこさえ我慢できればアリかなと思います。

Canon G7X Mark2 本体サイズについて

G7X mk2の大きさについて。

iPhone5sと比較してみました。5sです。

縦*横の面積はiPhone5sより小さいです。

f:id:rnshy:20170416190559j:image

 

厚さはこんな感じ。

f:id:rnshy:20170416190615j:image

 

上着とかのポケットには余裕で入ります。

コンデジだからまぁ当然ですよね。

ボトムスのポケットにはギリギリです。

スキニーパンツみたいなタイトなパンツのポケットに入れると

ぱっつんぱっつんになります笑

ただスキニーパンツに物入れるとなんでもそうなるよねっていう。

 

これから夏になって薄着になるのでジャケットのポケットに入れるという選択肢が無くなります。

なので、僕は小さなボディバッグに入れて持ち歩きます。

ズボンのポケットに入れるのは不格好ですし、壊す可能性があるので僕はやりません。

 

MONO Guitar Case M80

エレキ用のセミハードケース買っちゃいました。
ケース自体がなかなかに重いけどかなり丈夫。
特に、底が分厚いのが良い。
ギターケースを地面に置いた時の衝撃を確実に緩和してくれる安心感がある。
 
f:id:rnshy:20150217001956j:plain
 

Canon G7X MarkII 撮影写真 Part2

f:id:rnshy:20160902142720j:plain

絞り値: 4
露出補正値: 0
露出時間: 1/640
レンズ焦点距離: 8.8
感度(ISO): 125
測光方式: 分割測光
撮影シーンタイプ: 標準
シャッタースピード: 1/635
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動

 


 

f:id:rnshy:20160903123544j:plain

絞り値: 2.969
露出補正値: 0
露出時間: 1/1000
感度(ISO): 500
測光方式: 分割測光
撮影シーンタイプ: 標準
シャッタースピード: 1/1002
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動

 


 

f:id:rnshy:20160925094131j:plain

絞り値: 4
露出補正値: 0
露出時間: 1/500
レンズ焦点距離: 17.444
感度(ISO): 125
測光方式: 分割測光
撮影シーンタイプ: 標準
シャッタースピード: 1/500
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動

 


 

f:id:rnshy:20170310162944j:plain

絞り値: 2
露出補正値: 0
露出モード: 露出自動
レンズ焦点距離: 10.185
感度(ISO): 125
測光方式: 分割測光
撮影シーンタイプ: 標準
シャッタースピード: 1/5
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
焦点モード: AIサーボAF
イメージの手ぶれ補正: パン

 

 

 

ZOOM H5 レビュー

こんにちは。

 

今回はZOOMのハンディレコーダH5をレビューしてみます。

実は昔、ZOOMのH1を持っていたのですが

あまり使用頻度が無く手放してしまいました。

ですが、スタジオでの練習とかアコギの音を録る時にやっぱりあったほうがいいなと思い、もう一度H1買うのもあれなので上位機種のH5を購入しました。

 

百聞は一見に如かず?なので、録音した音源をアップしてみます。

 

youtu.be

 

Marshall JCM-2000にオンマイクで撮っています。

キャビネットとの距離は20cm程です。

 

H5はマイクを別の種類のものに付け替えることができるので、

汎用性という点でも優れています。

また標準入力も備えているのでライン録りも可能です。

最大で4chの録音が可能です。

オーディオインターフェイスとしても使えます。

電池駆動でもUSBバスパワーでも動く点も便利で良いです。

 

ちなみに演奏しているのは春畑道哉さんのDec.horoscopeという曲です。

独特な空間系エフェクトがかかっていますが、これもZOOM製品です。

空間系マルチストンプの70CDRというものでして、

ice delayというエフェクトを利用しています。

 

使用機材

Guitar : AIRCRAFT AC5P
Effecter : ZOOM MS-70CDR
Amp : Marshall JCM-2000(Clean ch)

 

 

ちなみに、昔H1で録った音源はこちらです。

youtu.be

 

こちらはアコギをオンマイクで録ったものです。

楽器が異なるし、録音後のソースに空間系をたっぷりかけているので

あまり参考にはならないかもしれません。

 

 

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー  H5

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー H5

 

 

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー マットブラック H1/MB

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー マットブラック H1/MB

 

 

 

ZOOM 驚異のマルチ・ストンプ 空間系エフェクト MS-70CDR

ZOOM 驚異のマルチ・ストンプ 空間系エフェクト MS-70CDR

 

 

One Control GECKO MKII

Huges&Kettner GrandMeister36用に買いました。

純正のMIDIペダルもあるのですが、ちょっとお高いので。。

 

f:id:rnshy:20161202003618j:image

 

f:id:rnshy:20161202003651j:image

 

普通に使うことができました。

ただ、純正と比べると見ての通りスイッチ数は少ないので、操作性は劣ると思います。

でも、アンプとこのちっこいペダルさえ持てば普通にスタジオとかで使えるのは超絶便利。

たぶん純正MIDIペダルだとアンプ付属のケースに入らないけど、これならアンプ付属のサイドポケットに入りそう。

 

One Control ワンコントロール MIDIコントローラー Gecko MkII

One Control ワンコントロール MIDIコントローラー Gecko MkII

 

 

 

Hughes&Kettner  FSM432 MKIII MIDI BOAD HUK-FSM432/3

Hughes&Kettner FSM432 MKIII MIDI BOAD HUK-FSM432/3