Life is short.

すごく気まぐれに書き綴ります。ギター / DTM / Apple / カメラ について綴るブログ

BOSS MS-3導入

話題のBOSSの新型スイッチャー兼マルチエフェクターです。

f:id:rnshy:20170610125402j:plain

 

後日、ボード組んで使った感想をアップします。

 

 

iPad Pro 10.5 (2017)を買いました。

発売日の翌日に手に入れました。

今まで使っていたiPad mini3からの買い替えです。

overdrive.hatenablog.com

 

iPad mini3ではWi-Fiモデルを買いましたが、

今回はセルラーモデルの256GBを購入。

 

f:id:rnshy:20170614204941j:plain

 

本体と、純正のSmart Cover、保護フィルムを購入。

f:id:rnshy:20170614223413j:plain

写真があんまりよくないですが、色はゴールドです。

Smart Coverしか買っていないので背面はむき出しです。

でもすごく軽い。

使ってみた感想

iPad mini3が4年?くらい前のものなので、それと比較した感想になります。

  • ハードウェアスペックがiMacやMBPのエントリー機に及ぶとのことで、各種動作が快適。
  • 120Hzのリフレッシュレートのモニタのおかげで、画面スクロール時の動きが滑らかになり、体感速度が向上。
  • Apple Pencilが快適すぎる。
  • iPad mini3からの買い替えなのに、軽く感じる。
  • カメラ性能がiPhone7並に向上している。使わないけど。
  • 4つのスピーカーが付いているが、それぞれ音域が異なる※
  • iOS11が待ち遠しい。

とにかく、動きがサクサクで本当に素晴らしい。

iPad mini3の時ではアプリ切り替え時に引っ掛かりがあったり、アプリの起動が遅かったりしましたが、そういうストレスは皆無です。

また、ちょっとした驚きだったのですが、iPad Proについている4つのスピーカーですが、2種類の音域のスピーカーが内蔵されているっぽいです。

ホームボタン左側の画面横向きの状態で説明すると、上部左右2つが高音寄り、下部左右2つが中低音よりの音がでていました。

iPad Proも同じ仕様なのかな。びっくり。

ケースについて

iPad Pro 10.5の純正ケース(本体装着タイプ)は現時点では存在しません。

Apple Pencilも格納できる純正のスリーブケースがありますが、お値段が2万弱。。

ちょっと高すぎるので、私は下記を使用しています。

9~10インチのものを買いましたが、iPad Pro 10.5にぴったりです。

Smart Coverつけたままでも入ります。

安い割には手触りもなかなかよくてしっかりしてるのでオススメです。

 

iPad Pro 10.5はどんな人にオススメか

既存のiPadの完成度が高いので、無理に買い替える必要はないと思いますが、

欲しいと思ったら、買いだと思います。

ちなみに、僕の場合はiPad mini3のスペックの悪さ&画面に黒線が入って壊れ気味だったのが買い替えの理由です。

 

また、iPad Proの"第二世代"ということで、きっとロングセラーの名器になるんじゃないかと思っています。(iPad2、iPad mini2が名器とされているように、iPadシリーズは第二世代が当たりの確率が高い。)

 

iOS11が秋にリリースされるので、OS11がリリースされてから購入を検討するのもありかもしれません。

Canon G7X MarkII 撮影写真 Part3

五十里ダム

f:id:rnshy:20160902142302j:plain
8.8mm

ƒ/4

1/800s

ISO 125

普通にカメラ内のJpeg書き出し

遠くの景色なのでF値は開放から2段くらい?絞ってます。

 

さいたまスーパーアリーナ

f:id:rnshy:20170506105122j:plain

8.8mm

ƒ/2.8

1/2000s

ISO 400

RAW現像し、その際にモノクロにしました。

もう少し絞った方が良かったかも。

 

つつじ(旧古河庭園

f:id:rnshy:20170504143705j:plain

8.8mm

ƒ/1.8

1/320s

ISO 125

花を撮るときのマクロはなかなかシビアですね。

カメラの性能というより、技術的に。

被写体が風で揺れるので。。

 

カメラの性能的には、特にテレ端時の最短撮影距離がネック。

具体的な数値は忘れましたが、テレ端時はあまり寄れないです。

Canon G7X Mark2 純正ケースの悪いところ

以前紹介したCanonの純正ケースですが、

下記のような使いづらさがあるのでついにやめました。

 

・バッテリー・SDカードの交換ができない

・本体右側についているWi-Fiボタンが押せない

 

ちなみにここで言っている純正ケースというのはコレ↓

 

特に2個目のデメリット、Wi-Fiボタンが押せないって本当に純正か?と疑ってしまうレベル。

 

 

なので最近これに変えました。

 

サイズはMサイズとLサイズがあり、僕が買ったのはLサイズです。

G7Xを入れるならLサイズになります。

サイズ感は若干緩めではあるんですが、ゆるすぎることもなく、ケースの中で本体が全くホールドされないということもないので問題なさそうです。

内側に小さなポケットがついていて、そこに予備バッテリーを入れられます。

入れても普通に蓋は閉まりますし、適度な余裕があります。

しばらくはこれを使っていこうと思います。

一つ、個人的に気にくわないのが蓋がマジックテープな点。

マジックテープって丈夫なんだけど、ベリベリって音が気になるんですよね・・・

そこさえ我慢できればアリかなと思います。

Canon G7X Mark2 本体サイズについて

G7X mk2の大きさについて。

iPhone5sと比較してみました。5sです。

縦*横の面積はiPhone5sより小さいです。

f:id:rnshy:20170416190559j:image

 

厚さはこんな感じ。

f:id:rnshy:20170416190615j:image

 

上着とかのポケットには余裕で入ります。

コンデジだからまぁ当然ですよね。

ボトムスのポケットにはギリギリです。

スキニーパンツみたいなタイトなパンツのポケットに入れると

ぱっつんぱっつんになります笑

ただスキニーパンツに物入れるとなんでもそうなるよねっていう。

 

これから夏になって薄着になるのでジャケットのポケットに入れるという選択肢が無くなります。

なので、僕は小さなボディバッグに入れて持ち歩きます。

ズボンのポケットに入れるのは不格好ですし、壊す可能性があるので僕はやりません。

 

MONO Guitar Case M80

エレキ用のセミハードケース買っちゃいました。
ケース自体がなかなかに重いけどかなり丈夫。
特に、底が分厚いのが良い。
ギターケースを地面に置いた時の衝撃を確実に緩和してくれる安心感がある。
 
f:id:rnshy:20150217001956j:plain
 

Canon G7X MarkII 撮影写真 Part2

f:id:rnshy:20160902142720j:plain

絞り値: 4
露出補正値: 0
露出時間: 1/640
レンズ焦点距離: 8.8
感度(ISO): 125
測光方式: 分割測光
撮影シーンタイプ: 標準
シャッタースピード: 1/635
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動

 


 

f:id:rnshy:20160903123544j:plain

絞り値: 2.969
露出補正値: 0
露出時間: 1/1000
感度(ISO): 500
測光方式: 分割測光
撮影シーンタイプ: 標準
シャッタースピード: 1/1002
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動

 


 

f:id:rnshy:20160925094131j:plain

絞り値: 4
露出補正値: 0
露出時間: 1/500
レンズ焦点距離: 17.444
感度(ISO): 125
測光方式: 分割測光
撮影シーンタイプ: 標準
シャッタースピード: 1/500
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動

 


 

f:id:rnshy:20170310162944j:plain

絞り値: 2
露出補正値: 0
露出モード: 露出自動
レンズ焦点距離: 10.185
感度(ISO): 125
測光方式: 分割測光
撮影シーンタイプ: 標準
シャッタースピード: 1/5
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
焦点モード: AIサーボAF
イメージの手ぶれ補正: パン