Life is short.

すごく気まぐれに書き綴ります。ギター / DTM / Apple / カメラ について綴るブログ

MacBookのバッテリーへの負荷を減らして寿命を延ばす方法

MacBookに限らず、この手のデバイスに使用されているバッテリーは50%の状態が一番負荷が少ない状態でして、満充電の状態や0%の状態を長くキープすることはバッテリーの寿命を縮める原因になります。
またバッテリーを充電しながら使用するのも良くないみたいです。

そこで試したのが、MagSafeを改造してバッテリーの充電を制御する方法。

改造というと語弊がありますね。
実に簡単な作業でして、MagSafeアダプタの中央ピンをセロファンテープで絶縁するだけです。
こうするとバッテリーを充電をせずにMacBookへの給電が可能になります。
いわば、バッテリーを外した状態で使用しているのと大体同じ状態になります。

f:id:rnshy:20141005121755j:plain

紙テープとかだと、濡れてる場合に漏電が怖いので、ビニールテープやセロファンテープがオススメです。

Magsafe2でも無印でも可能です。
クラムシェルモードを多用する人で、バッテリーの寿命を気にされる方は試してみる価値ありです。


参考:
MagSafeコネクタの中央ピンを絶縁して充電率固定で給電状態にしてみた : Appleちゃんねる http://applech2.com/archives/27470006.html