読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is short.

すごく気まぐれに書き綴ります。ギター / DTM / Apple / カメラ について綴るブログ

BOSSのラインセレクター「LS-2」を導入。White Loopとの比較。

ついこの前にOne ControlのWhiteLoopを購入したのだが、ハイゲインペダルを繋いだ時にノイズがひどかったので返品してしまいました。

 
f:id:rnshy:20140323184141j:plain
(写真下がWhiteLoop、上のゴールドのは同じOne Controlのパワーサプライ、Distro)
 
WhiteLoopを挟んだ状態とWhiteLoopなしで直列で繋いだ状態とを比較した時、明らかにWhiteLoopを繋いだ時の方がノイズ量が多かった。
そりゃ、WhiteLoopを繋げばパッチケーブルの数も接点の数も色々増えるわけで音質劣化の要因は増えるわけだが、それを考慮しても許容できないレベルのノイズがなっていた。
そして、WhiteLoop本体に手で触れるとノイズが更に増幅され、その状態でギターの弦に触れるとノイズが小さくなるという状態。
よくわからないけど、アースがちゃんと出来ていないのかな?
 
パッシブのスイッチャーってこんなものなのだろうか。
それとも私が使ったのがハズレだったのだろうか?
f:id:rnshy:20140323184322j:plain
 
まぁそんなこんなで返品して、BOSSのLS-2に変更しました。
 
f:id:rnshy:20140323183652j:plain
パッシブじゃないけど、ノイズが無いしそんなに音やせしているようには感じないのでOK。
各ループのレベルを設定できるし、ミックスもできるし、こっちの方が単純に多機能。なかなか使える。
 
難点は配線が面倒くさいこと。
右に2つのreturnとインプット、左に2つのsendとアウトプット、という感じで、左右それぞれ3つのジャックがあるのだが、これってループに入れるエフェクターを並べるのにあまり合理的じゃ無いよね。
LS2を中心に上下に八の字に2つのループを配置するのが、配線的には合理的になるけど、実用的じゃ無い。
LS-2から左上、右上にループを配置するといたずらにパッチケーブルが長くなる。
 
L字を使うと窮屈だし…。
 
まぁその点を除けば、本当に便利なペダルですわ。
 
f:id:rnshy:20140323183706j:plain
 
右下のパッチケーブルは買い直そう…汗
 

 

 

 

BOSS Line Selector LS-2

BOSS Line Selector LS-2

 

 

 

 

 今回ちらっと登場したパワーサプライ。

これはなかなか良い。